上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
具合が悪いです。
一昨日打ったインフルエンザのワクチンのダルさのせいだけじゃないみたい。

午前中、本当に久しぶりに国会の中継を見ていたんです。
今ニュースを騒がしている官房長官の自衛隊「暴力装置」発言を生で見てしまいました。
自分の耳を疑って思わず立ち上がってる自分...

我が父も若い頃、実は陸上自衛官です。
穏やかな人ではありますが、今回は彼も相当怒りに感じていたようです。

その場で撤回し謝罪とありましたが、自分が見ていてあれが国家の大臣としての態度かどうかは激しく疑問です。
自衛官の方々の気持ちや感情的な面は今は触れません。

彼は元々弁護士でありますから言葉の「解釈」の達人と考えています。
もし逆に「暴力装置」という言葉を仙石氏が意識的に使用したと考えてみたらどうでしょう?
国家のNo2が自分の国の防衛組織を「暴力装置」であると言ったのです。
憲法で軍隊を持っていないはずの国の軍事組織が「暴力装置」...
こんな官房長官の発言を日本を取り巻く諸外国はどう受け取るのでしょうか?
国によっては「暴力」は自国の安全のために排除する必要があるとは考えないでしょうか?

そもそも理不尽な隣国が起こした事件が発端となる現在の国内の流れです。
国際派を気取る諸先生が仰るように隣国は本当に素敵な平和な民主的な国かな?
歴史的にも戦争ってほとんどの場合、自分の国を守るために起こったことになってますよね?
自分の国の安全を守るため「暴力組織」を排除するってとても聞こえが良いように感じるんですよ。
これもある意味「言葉の解釈」なんです。
こんな発言を逆手に取る国は無いって言い切れる人がいるのでしょうか?

憲法第九条では戦争は国権の発動であるとしています。
簡単に言えば、僕が適当にどこかの国に「宣戦布告」しても戦争なんて起こらない。
勝手に国民を巻き込んで戦争を始めるのはどこの国でも「政治家」なんです。

最悪なのは民主国家では政治家は全て選挙で国民によって選ばれているって事です。
実は日本には国会議員を選挙以外で排除する手段はありません。
一度選んでしまったら解職請求することすら不可能。
どんなにバカでもどんなに無能でも彼らを辞めさせる方法は無いんです。
法治国家に存在する治外法権域...
調べてみるまで気がつかなかったけど恐ろしいことです。
選挙権を持つ国民として自分自身深く反省しなければいけないと考えています。

昔、テレビのプロレス中継を見ていたお年寄りがショックで亡くなったことがありました。
国会中継に流血は無いけど感情的にはそんな風になりそうな感じです。
(台湾の国会は殴りあうようですが)
仙石氏の存在・発言は自分にとっては十分に「暴力装置」です。

でも今のようなお粗末な状況が続くなら国会中継も流れなくなるのかもね...
今日になって大手メディアから尖閣事件の記事が一斉に少なくなってます。
何も一斉じゃなくたってって思うんだけど...

気がついたら日本はまたファシズムな国になってるのかな?
スポンサーサイト
2010.11.18 Thu l 超主観的ひとりごと l COM(1) TB(0) l top ▲

コメント

久々に更新
更新されてると思ったら、止まったw
しかし、政治の先行き、どうなるんだ。政党が変わったのなら、将来的にお金のかからない方向にパラダイスシフトすれば良いのに、その策もない。だから、国土整備も産業も様子見。これじゃ世の中回らないよな。
結局、あっちもこっちも、閉塞感だらけ。円高なのに輸入を楽しむ余裕すら無い。なんか、疲れが溜まるだけだよなあ。
2010.12.04 Sat l すじ. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://disco96.blog105.fc2.com/tb.php/73-1e554059
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。