上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
BXを手放すことに決めた僕は中古車雑誌を片っ端から当たった。
転職したばかりで年収は40%以上ダウンしていた。
正直、まともな車は買えなかった。

ただ自宅の近所の中古車店に気になる車が1台あった。
通勤途中で毎日見かけるその車は白いVWゴルフⅡだった。
自分とゴルフⅡの出会いは前に書いた通りである。
もう乗るはずのないクルマ...
気になる理由はその窓に張られた「4WD」という文字だった。
当時の僕はVWゴルフの4輪駆動なんて聞いたことがなかった。
プライスカードは「18万円」...
いろいろな意味でとても気になるクルマだった。

とりあえず一度見てこよう。
とても軽い気持ちでそう考えた。
次の土曜日、僕は歩いてその中古車店に向かった。
店の駐車場の隅に佇む白いVWゴルフⅡはちょっと寂しそうだった。
中古車店はアメ車の4WDが取り扱いのメインのようだった。
ゴルフはアメリカンビックサイズに囲まれてとても小さく見えた。
お店の人に説明を聞くと確かに4WDであるらしい。
後に知ったが、このゴルフが世界で初めてビスカスを使った4輪駆動車だった。
クルマのリアを見ると誇らしげな「SYNCRO」という文字が見えた。
これがVW流の4WDの証らしい。
しかし内装は真っ黒でとても無愛想...
BXから乗り換える僕には逆に新鮮に見えた。
しかし左ハンドルの5MT...
「俺に運転できるのか?」

そして正面に回った時だった...
なんとなくゴルフと視線が合ったような気がした...
自分にはクルマが語りかけてきたように感じた。
機械が語りかけてくるのは僕にとってはとても危険な兆候である...
僕は店員から預かったキーで運転席のドアを開けた。
シートに収まってみるとBXとは違うドイツ車らしい戦闘的な雰囲気を感じた。
イグニッションをひねるとエンジンは素直に始動した。
GX型のエンジン音は耳に心地よかった。

僕はそのゴルフと付き合うことを決めた。
スポンサーサイト
2008.09.25 Thu l 自動車的私小説 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://disco96.blog105.fc2.com/tb.php/33-bcb898bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。